ダイエット

質の良いコンドロイチン製品の見分け方

一般に購入できるコンドロイチンの製品にはも薬局で購入できる医薬品(一般医薬品、医薬部外品)とコンビニなどでも購入できるサプリメント(健康補助食品)の二通りがあります。
医薬品の製品は、その性質上、規制が厳しいですから品質に関しては一定以上(GPM(医薬品などの品質管理の基準))のものがあります。
一方でサプリメントは、食品として販売されていますので、医薬品ほど規制が厳しくありません。

そのために製品の品質は、メーカーによって違ってきます。
サプリメントの品質を評価するには、その製品の成分を見てみる事です。
食品としてのサプリメントには、コンドロイチンなどの他に食品添加物が含まれていることがよくあります。

それは、摂取しやすいように添加物を使っている場合が多いのですが、もし、純粋にコンドロイチンの効果を得るためでしたら添加物の少ない製品を選ぶことでしょう。
また、サプリメントは、コンドロイチンが主成分である製品は少なく、(食品添加物とは別に)グルコサミンやヒアルロン酸などを配合している製品がほとんどです。
そして、その成分比率もメーカー、製品によって異なりますので、使用目的によって選ぶことになります。

成分表示は、一日分の分量に含まれるコンドロイチンなどの(何mgとか表示されている)量が書いてある製品が信用できますが、中には曖昧な書き方をしている製品もありますので、このようなものは避けたほうが良いでしょう。
最後に、コンドロイチンの原料について少し説明します。
コンドロイチンの製品は、動物や植物から抽出されたものを精製して製品化されます。

人の体には動物性の方が吸収されやすいことから、多くの場合、サメや牛、豚、鳥などから抽出されたものが原料になります。
コンドロイチンを抽出、生成するやり方は何通りかありますが、コストをかけた方が純度が高くなります。
逆に、低コストの原料を使った製品では、不純物が多くなりやすく品質も落ちます。
これは、メーカーによるところが大きいですから信頼できるメーカーの製品を選ぶのが良いでしょう。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い栄養素 All Rights Reserved.