ダイエット

腰痛にもコンドロイチンが効く?

コンドロイチンはグルコサミンと共に関節の構成要素の一つで、年齢が高くなりますと体内での生成能力が落ちてきますので、それが関節痛などの一つの原因だといわれています。
腰痛は腰や脊椎の関節部分が神経を圧迫して起こるとされていますが、ギックリ腰などは若い人もなりますし、歳をとった方では腰痛に悩まされている人も多いという統計もあります。
コンドロイチンなどが不足することで関節部分が正常でなくなり関節痛などの症状が出てきますが、腰痛の場合でも同様だと考えられます。

足りなくなったコンドロイチンは、外部から補給することで、正常な関節に作り直せるのではないかというわけで、医薬品やサプリメントなどでコンドロイチンの摂取がなされています。
効果の程はどうかといいますと、賛否両論あるのですが効果が認められるという報告がいろいろと出されていますので、今では関節痛の治療薬として、あるいはサプリメントとして広範囲に使われています。
コンドロイチンは単体で使うこともありますが、経口摂取の場合には他にグルコサミン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどを同時に摂るのが一般的になっています。

特に、グルコサミンはコンドロイチンと同じ位の量を摂ることで相乗効果があると言われています。
またこの成分は、経口で摂取するのが一般的ですが、急性の関節痛などでは、注射をすることで早く効果が現れるそうです。
腰痛も背骨の関節部分に原因がありますので、当然、摂取によって痛みの改善に効果が期待できます。

しかし、この成分の摂取だけで改善しようというのもかなり無理がありますので、その他の整体や生活習慣の改善、体重の管理なども必要になるでしょう。
また、腰痛の予防のためにコンドロイチンのサプリメントを摂ることも推奨されています。
腰痛などの症状が出てくる前にコンドロイチンを補給して関節を正常に保っておくと効果があるといわれています。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い栄養素 All Rights Reserved.